雀ゴロKの麻雀日記

麻雀や雀荘についての雑記。

 今まで会ってきた麻雀プロで麻雀プロの活動を「有料のサークル活動」として割り切っているプロがいました。
 
 そのプロいわく、プロは「月間6,7000円くらいの習い事みたいなイメージ。リーグ戦が楽しいのと、同じ趣味の仲間と出会うためにお金払ってやってる」とのこと。

 真面目な人が聞いたら

 「プロとしての意識がなっとらん!!」

 と思うかもしれませんが、これは現状しょうがないのかなあという気もしますね。むしろこうした付き合い方が大人かも。

 プロになったといっても、会費を取られて金銭的にプラスにすることは難しい上に、成績の評価システムもまだまだ発展途上というのもあるので、それならばいっそ有料のサークルと割り切ってやるのはアリな気がします。

 だから最近は「麻雀プロを名乗っているのに!」とか「麻雀プロなのにレベルが低い」と末端のプロに言うのはどうかなあといい気もします。プロ団体に所属していながらプロじゃないつもりの人もいるので。

 まあ何が正しいかはよくわからんです。こればかりは個々の価値観の違いになってしまうかも。

  banner_11 ←応援クリックお願いします!! 

コメント

コメント一覧

    • 1. チャンマスのファン
    • 2018年04月13日 03:14
    • ある程度実績が出来るまでは
      プロ見習い的な扱いにすれば実態に即した形になるかもしれません
    • 2. K
    • 2018年04月13日 03:24
    • 〉チャンマスのファンさん
      やってる団体もあるみたいですねー
    • 3. 名無しのニュースさん
    • 2018年04月13日 09:00
    • まぁ言わなくてもわかってることですよね普通、厳しい審査をクリアしないとなれないほかの競技とは違って、麻雀プロはある程度麻雀がわかれば誰でもプロになれますから
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット