雀ゴロKの麻雀日記

麻雀や雀荘についての雑記。

 先月、東京に行ったときに若手プロの子たちと飲みに行ってたんですが、そこであがった話が

 「リーグ戦は回数が少なすぎる」

 ってことですね。

 団体に寄るんですが、だいたい半年かけて半荘20回くらいのところが多く、上のリーグだと通年で40~48とか。

 20回ってやばいですよね。一晩のセット麻雀かと。
  
 雀荘メンバーだと多いところで月に半荘200くらい打つわけですが、それでも一か月ごとの成績ってブレが出ます。運の要素がやはり強いわけです。

 プロの場合、200回打つのって5年くらいかかるわけですから、5年かけて、メンバーの1か月分の勝負になるわけですね。

 まあ、実際は

  フリー麻雀=不特定多数の面子 
   競技麻雀=固定面子 

 となるので、競技麻雀の200回ならそこそこ実力が反映されるかとは思いますが、半年の20回となるとかなり運だなあと。

 まあどこまでを長期成績と見るかは人によって違いますし、長期長期言いだしたらキリがないのはわかるんですけどね。実際今の世の中の実力判定系のものってほとんど短期ですし。

 まあでもせめて工夫して20よりは増やしてほしいですよねー。「一か月に一度全員を同じ場所に集めてリーグ戦を行う」ってシステム自体が昔と全く変わってませんし。

 banner_11 ←応援クリックお願いします!!

コメント

コメント一覧

    • 1. さいたま
    • 2018年03月27日 13:04
    • 天鳳やフリーだと半荘3000はないと実力判定出来ないと思ってます
      競技ルールだと運要素が少ないのでそれよりは少ない打数で実力判定出来ると思いますがその辺りの統計を誰かに取ってみてほしいですね
      ブレがどれくらい少なくなるのかは気になるところです
    • 2. 凹
    • 2018年03月27日 14:05
    • 世の麻雀の実力:たくさん打ってブレを少なくした上でのプラスを積み重ねる技術
      競技麻雀の実力:規定回数、場合によっては同じ相手とやる中で、与えられた条件をどれだけクリアできるように打てるかという技術
      後者にも前者の技術は必要だけど必ずしも完全一致するわけではないから、前者的に不正解な手順を踏んでも、前者を知らないから、ということにはならない
    • 3. 旅行
    • 2018年03月28日 06:31
    • 20回が40回になったところで状況は変わらないので
      長期成績で麻雀プロの実力を判定するという考え方を捨てた方がいいのかも
    • 4. 旅行
    • 2018年03月28日 06:56
    • 仮にkさんが提案して20回が'40回になったとして
      それで回数増えたから実力が反映されるように変わった!
      と見てる人が思ったとしたらそちらの方が弊害が大きいです
      じゃんけんには変わりないので
    • 5. K
    • 2018年03月28日 16:21
    • >さいたまさん
      天鳳やフリーだと面子の数が多いのでそうですが、リーグ戦はそこそこ面子が限られるので、もう少し少なくていいとは思います。どのくらいかは知りません。
      >凹さん
      話がズレましたが、それはそうですね。
      >旅行さん
      視聴者目線の話をしてるわけではないですね。元々リーグ戦自体視聴者あんまりいないですからw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット