雀ゴロKの麻雀日記

麻雀や雀荘についての雑記。

 さて、今回は2回戦。参加選手は

 松本吉弘プロ  内川幸太郎プロ
 村上淳プロ   小林剛プロ 
  
 ですね。ちなみに松本吉弘プロはipopの人が店に遊びに来たときに同伴してやってきて、我々二人を血の海に沈めた人ですw

 そのときのipopの人の記事はこちらになるので、もしよろしければ。あと自分のこの記事にもちょっとだけ出ています。

 東1局
 @松本プロ
 松本妙手
 右端4s(暗くてすまぬ)ツモって、⑧p切り。ドラが⑥なのでその両面ターツを固定しつつ、⑨pを死角にしてますね。。

 自分は二万か8s(二万かな)切りそう。雀頭が無いので、索子とマンズが横伸びした場合に⑧pは雀頭に使うのと、ドラの⑥pを1~2枚ツモった際に⑧p残しておいた方がドラが使いやすい手牌になるので。あと、⑧pがアンコになった際の良形とドラ受けも見ます。

 しかし、松本プロは見た目の通りダークな打牌するなあw

 東3局 
 @村上プロ
 村上 手順
 六万を切った場面です。筒子の⑥⑦p引きを見て⑧pを残してますね。
 
 自分は一万切ってるので、打二万とします。打⑧pもありそう。

 ⑧p切りの場合はマンズが厚めに残ります。そうしておくと三万引いた際に打七万で234の3色が狙えますし、五万を引いた際に打二万で萬子の好形が残ります。

 六万は切らないんだけど、このへんの手順は好みが結構ありそう。
 
 @小林剛プロ 
 コバゴー 妙手
 白をポンして、南を抱えてポン材を消す打七万。
 
 見てて思うのが、小林プロの麻雀って自分とは全く違いますね。自分は手なりがベースですが、小林プロは守備寄りに構えながら手牌の伸びも見て進めていくイメージ(今まで見るところ)

 自分、この状況なら南切りますからね。アホみたいに手を進めているだけかと思うかもしれませんが、南が生牌でそこまで安全牌じゃないことや場況的に⑨pがそこそこ安全だとか一応多角的な視点でも考えてはいますw
 
 ちなみに小林プロはこの次々巡、⑥pをツモって④p打ち。南をここでも切らないんですね。ほーう。
 
 ②へ

banner_11 ←応援クリックお願いします! 

コメント

コメント一覧

    • 1. うまいもん通り
    • 2018年02月15日 15:10
    • 小林プロは「シャンテン数の数だけ安牌を持つと安定して進行できる」みたいなことを言っていた気がします。
      あとプロの固定メンツの対局だと前回の白鳥プロや今回の村上プロの手順のように、ゆったり進行になる分打点も上がることが多いので、その兼ね合いもあるかと。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット