雀ゴロKの麻雀日記

麻雀や雀荘についての雑記。

  ちなみにこの理論は仕掛けにも応用が利きます。

 今発売中の雀ゴロK本3「現代麻雀最新セオリー」にて、

 
表1



 「愚形+両面の1シャンテン」の愚形からは、1巡目からでもほぼ仕掛けが優位、

 「残り4枚両面+両面」の残り4枚両面からは、4巡目からがチーテン優位と、残り4枚両面の方が高く評価されているのは、先に挙げた4枚切れの両面は愚形より強い、ということが原因です。
 
 よく「両面の4、5枚目が出たら愚形と一緒だから仕掛ける」

 と言ってチーテンを取る人がいますが、厳密には一緒ではありません。

 まあでも両面が4枚とか5枚見えてるときって巡目も進んでるんで、だいたい仕掛けるんですがw
 
 

 
Twitterはこちらから
 
banner_11 ←応援クリックお願いします!  

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット